skip to Main Content

Yomikikase : Japanese Storytime for Children

June 29, 2019 (Saturday)

Bring your children for a fun session of storytelling at our library. Our June story time session will feature Tanabata (star festival). Let’s make a wish upon the stars by writing on a colourful paper strip and decorating bamboo branches with various ornaments. Although the level of the selected picture books will best suit 4 to 8-year-olds in the Japanese school education system, this event welcomes all primary and secondary school children who study Japanese-language (any levels) at their school. Children under 12 must be supervised by a guardian.

If you would like to know more about bilingualism in children and heritage language education, a selection of books on these topics will be on display on the day.

児童を対象にした日本語読み聞かせのセッションです。図書館コレクションから選んだ絵本・紙芝居を使い、日本の幼稚園児から小学校低学年児童が楽しめる内容をご用意します。今回は七夕をテーマにとりあげます。願い事を短冊に書いたり、笹に飾り付けをしましょう。

当館では、児童書(約700冊)や保護者の方が興味を持つテーマとして子供のバイリンガリズムと継承語教育に関する図書も多く揃えております。この機会に是非ご利用ください。

よみきかせボランティア随時募集中。お申込みはウェブページから。

ジャパン・ファウンデーション・シドニー図書館では、児童を対象にした日本語読み聞かせイベントをお手伝いいただけるボランティアを複数名募集しています。

ボランティア業務内容は以下の通りです。

  • 日本語絵本・紙芝居の読み聞かせ実演(準備作業を含む)
  • 工作の指導(準備作業を含む)
  • 歌の実演(準備作業を含む)
  • 会場設営・撤収作業

お申込みにあたり、以下の要件を満たす必要があります。

  • NSW州WWC Numberを保持していること。
    WWC (Working With Children) Numberは子どもと接する仕事・ボランティアに就く方には必須となります。ボランティア・カテゴリーでの申請費用は無料です。
  • イベント当日に準備・後片付けも含めて3時間ほど業務に就けること。読み聞かせイベントは土曜日(午前10時~午後4時の間)に一~二カ月に一度程度で開催予定です。
  • 必要に応じてイベント当日以外にもミーティング、準備作業に参加できること。

また、応募していただいた方全員にボランティアの機会を保証できるわけではございません。以上をご理解いただき、下のオンラインフォームよりお申し込みください。

Yomikikase : Japanese Storytime for Children よみきかせ日本語ボランティア
ご住所/Address
City
State/Province
Zip/Postal
Country
(If applicable)

EVENT DETAILS

June 29, 2019 (Saturday)
2pm-3pm

VENUE
The Japan Foundation, Sydney
Level 4, Central Park
28 Broadway
Chippendale NSW 2008

ADMISSION

Free; no bookings required.
Limited capacity; first-come, first-served.
Children aged 12 or younger must be accompanied at all times by an adult guardian.

ENQUIRIES

(02) 8239 0055

Banner photo: Patrick Vierthaler

Presented by

Back To Top